fbpx

男性が好きな人に取ってしまう行動

男性心理
無料相談
無料相談 ※20歳未満の方はご利用頂けません。

こんにちは、小野田ゆうこです。

実は好きな人が近くにいると、女性よりも
男性の方が好意を行動に出してしまう
傾向があります。

その傾向を少しでも知っていれば、
復縁活動はスムーズに進める事が出来ます。

好きな人のの好意を
見逃さないためにも、
その傾向を4つにまとめてお伝えします。

目が合う、視線を感じる

男性は好意を寄せている人に対して、
無意識に視線を送る傾向があります。

何度も相手と目が合ったり、視線を感じた場合、
それは好意を持っている可能性が高いです。

ただ、シャイな方は目が合うと
逸らしたりすることがあります。

そのため、目線が逸らされたからと言って
好意が無いという訳ではありません。

また、人は好きな人を見ると瞳孔が開き
黒目部分が拡大することがあります。

目の前で相手と会話出来る時は、
瞳孔が開いているかをチェックして
相手の心理を確かめていきましょう。

用件ないのにメールの連絡がくる

男性は女性と違い、
メールを単なる連絡手段だと思っています。

普段は必要最低限の会話しかしません。

ただ、そんな相手から
特に用件の無い連絡がきたら…。

それは好意を持っている可能性が高い行動です。

特に「?」と疑問符が入っているメールは
「たくさん話したい!」という彼の気持ちを表します。

そんなメールが来た時は、しっかりと質問に答えて
その話題でこちらからも質問を投げかけることで、
相手は嬉しくなり楽しいやり取りができます。

笑顔が多い、褒めてくる

男性は女性よりも恋愛において素直です。

好きな人の前ではどうしても
表情が緩んでしまいます。

更に分かりやすいほどに褒めたり、
言葉に好意を出してしまいます。

それが出来ない男性であっても
表情や動作を見れば一目瞭然。

目が優しそうな印象になっていたり、
口角が上がっていたり、普段と違う服装や髪型をしたり。

普段は見ない動作が見られたら、
そこには好意がある証拠です。

ただ、男性はシャイな一面も持っています。

なので、こちらから話題を振ってあげたりすると
相手に良い印象を与えることができます。

肩が下がる

好意を持っている人のことを考えたり、
接すると肩を下げます。

これは「ブックエンド効果」と言い
、好意を持っている人の側に近寄りたいという
気持ちが身体に表れるのです。

ですので、接するときに相手の肩が下がっていたら
それは、好意的に持っている証拠と言えます。

そんな行動を見た時は、さりげないボディタッチをすると
相手はドキッとしてさらに意識してくれるようになります。

無意識にしてしまう行動というのは
他にも色々とあります。

知っていると知らないでは
感じ方もその後の行動も変わりますよね。

知識は武器になるからこそ
どんなことでも知っておくことは大切なのです。